プロの仕事

リフォーム工事の際、どうしても床・壁・柱・笠木等を傷をつけてしまう事がありますが、最終的な引き渡しの時には綺麗に直さなければなりません。こういう時に頼りになるのがプロの補修屋さんで、少々大きな傷みでも綺麗に直してくれます。

今回も、リフォーム工事の小さな傷直しの際に、震災によって傷んでしまった箇所もついでにやってもらいましたら、あまりの出来映えに施主様も大喜びして下さいました。

一例をご紹介しますと、震災によって剥がれてしまった階段の笠木です。工事前はこんな感じで貼りモノがめくれた状態だったのですが、補修工事後は、綺麗に元通りになりました。

  

<工事前>               <工事後>

大きな打痕傷も、この通りです。

  

<工事前>               <工事後>

リフォーム工事によって、使い勝手が良くなるのは当然ですが、震災の爪痕も合わせて消し去ってしまえると、日々の生活も前向きな気持ちになって来ます。

補修屋さんの仕事は「こんなの直らないだろ」と思われていた箇所を、全く分からない位に見事に直して下さるプロですので、我々リフォーム会社にとっても、頼りになるパートナーです。これからも益々、連携を深めて参りたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。