久々、源右エ門さん本隊が集結

須賀川以外にも、本拠地の名古屋や被災地の宮城県でも「引っ張りだこ」の五代目源右エ門の本隊の皆さん。長い事、須賀川を離れての仕事をされてましたが、10月下旬から11月にかけては須賀川での仕事のために集結してくれました。今はこの「五代目 源右エ門」と書かれたシンボル車が長松院さんの現場事務所に横付けされてます。



源右エ門さんの本隊の皆さんが来ると、とにかく仕事が早い。明日から開始になる不陸調整工事までの今日一日だけ、毘沙門堂の歪み矯正に当てる事が出来たのですが、石屋さんが直す前工程まで、本当に一日で終わらせてしまいました。

毘沙門堂は、正面の柱だけは真っ直ぐにしたものの、下の写真の束石と束のズレを見て頂ければお分かりの通り、建物自体はズレ動いた状態になってました。



ビスも抜いてみると、このように曲がってしまってました。



傾き直しは、キッチリと測って誤差のないようにしていきます。

 

最終的には、束石と柱にピンを通し、固定させるようにします。

 

この次は石屋さんの仕事ですので、一旦はこのままになります。



拝観にいらっしゃる方には申し訳ないのですが、工事が終わるまでの間だけ、辛抱頂きたいと思います。その分まで挽回出来るよう、頑張ります!

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。