平らな生活を取り戻せた喜び

3日前から不陸調整工事(傾き直しのためのジャッキアップ工事)に入りました、郡山市のM様邸。昨日までで、20cmもあった傾きがほとんどなくなり、M様ご夫妻は、1年7ヵ月以上ぶりに平らな生活を取り戻されました。

かねてより「最大で20cm程度の傾きです」と申し上げて来たのですが、M様は「20cmの傾きがどの程度のものなのか」ピンと来ていなかったそうで、ジャッキアップされた状況をご覧になって、大変驚かれていました。実際に揚げた箇所は、こんな感じです。

 

冷静沈着で理論家のご主人様は、壁に吊り下げたおもりが真っ直ぐになった事で「本当に水平になったんだ」と喜びを実感されたそうです。



明るく天真爛漫な奥様は、近所のお友達に「あっという間に水平になったから、見に来てよ!」とお声掛けし、家にお招きして喜びを分かち合われたそうです。

実際に私も、家の全体を歩いて確かめてみたところ、見事に水平になってました。

ご夫妻が感心されていたのは「源右エ門さんが言ってた通りになったんだ」という事と「職人さん達が掛け合ってる声から、チームワークの良さが感じられ、心地良かった」という事でした。

しかし、不陸調整工事として本当に難しいのは、これから調整土台を作って微調整しながら、家自体の負担が掛からないように納めていくというステップです。この点は、宮大工でもある水野さんが力を発揮してくれますので、綺麗に納まる事と思います。アクアスも、給排水や基礎の巾木仕上げでお手伝いし、M様から大満足頂ける工事にしていきたいと思います。

今日のM様の笑顔は、1年7ヵ月の不便さから解放されたんだという気持ちが感じられ「いい仕事が出来たな」と私も嬉しくなりました。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。