須賀川市役所、解体中

東日本大震災で甚大な被害を受け、震災直後から使用出来なくなっていた須賀川市役所も、とうとう解体工事が始まりました。まだ5分の1程度の進捗だという事ですが、今年中には壊してしまうそうです。壊している様子を見ると、大きな建物だったんだなと思います。

 

現在の仮庁舎は、須賀川市文化センター裏手にプレハブが建っていて、そこで仕事をされていますが、新庁舎は今と同じ敷地内に総工費:約50億円で建てられるそうです。平成26年から27年の2年に渡る工事だそうで、驚くような市庁舎が生まれるんでしょうね。

今度の新庁舎は、耐震設計も十分施されているでしょうから、いざという時には、緊急避難所にも使えるようになるはずです。どうせやるなら、震災の経験を活かして、他地域の庁舎建設でも活かせるような、模範になる事を期待しています。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。