柱の補強工事

東日本大震災は被災地の方々の暮らしを大きく変えましたが、それと同時にアクアスの工事内容も大きく変えました。その中でも多くなって来たのが「鉄骨による補強工事」です。今日も、大きな荷重が掛かるようになった柱を鉄骨で補強する工事を行いました。



震災によって被害に遭った建屋は骨組みに問題のあったものが多く、ここの建屋でも鉄骨による補強を行う必要が出て来ました。柱だけに持たせるには大き過ぎる荷重が掛かってしまうようになったため、鉄骨で補強を行います。その際に重要になって来るのが、固定方法です。

床下を覗いて見ますと、大引きにもシッカリと固定し、



根太の補強も行ってます。



これなら、見た目にも安心です。補強を施しても、工事が終わってからは見えなくなってしまいますので、工事中にシッカリ写真に残し、納得頂きながら工事を進めていきます。建築業界として、震災によって工事に対する信頼を失ってしまった側面がありますので、自分達の出来るところだけでも、納得性を最重点の指標とし、工事を進めて参りたいと考えております。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。