久々の大きな地震

今日の夕方、最近ではあまりなかったような大きな地震に見舞われました。あの嫌~な警報音の直後に来た地震は「昨年3月11日の悪夢の再来か?」と感じさせるような揺れ方でした。実際、下の地図のような広範囲に及ぶ揺れだったようです。



こういう大きな地震があった時、私の頭を最初によぎるのが「これまでにジャッキアップや基礎補強の工事をさせて頂いたお客様宅は大丈夫だったか?」という事です。

まず最初に気になるのは「本棚や食器棚が倒れる等で、怪我はされていないか?」という事で、それがなかったとして次に気になるのは「住まいに何らかの異常は出ていないか?」という事です。以上の2点で問題がなければ、明るくなった時間帯に、自分の眼で外周廻りをチェックして回ります。ざっと、以上の事が毎度のチェック事項です。

この確認までの間は、私も「何かあったら大変だ」という気持ちでドキドキしながらの確認を一人一人にさせて頂くのですが、何もなかったら、それから後は、工事後の状況近況確認をさせて頂いて、工事の時の思い出話しなどにも花が咲きます。今日も、南町のN様邸で、すぐに引き揚げるつもりだったのが、ついつい長居をしてしまいました。そしてこの瞬間が、私にとっての仕事の遣り甲斐でもあるんです。

工事が終わった時に縁が切れてしまうのは寂しいもので、工事が終わってからもずっとお付き合いを続けさせて頂きたいものです。そうなるためには、お客様の気持ちに成りきって、工事を完璧にし、その後のフォローもやり続けていく事が必要です。

今日の地震も嫌なものではありますが、お客様との関係を深めていく良い機会にもなるんだと考え、前向きな気持ちでフォローに向かわせて頂きたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。