年明けは、庫裡(くり)に着手

今年の8月下旬から、長松院さんの改修工事を行って来ました。しかし、あまりにも広大な敷地になるので、建屋毎に順次、着手していってます。そして年内一杯で、庫裡(くり)の建て起こしと瓦工事が完了しましたので、年明けからは庫裡に関してアクアスが担当する水廻り改修工事です。

今日、年内最後の完了状況を確認して来ましたら、こんな感じになってました。

①傾いて開いてしまった玄関を起点とした建て起こし(五代目源右エ門さんの工事)

 

開いてしまっていた部分を、ターンパックルで引っ張って固定しています。

大棟の作り直しと、壊れた平瓦の入れ替え(魚津社寺工務店さんの工事)

 

大棟の両端にある鬼瓦の付近が、微妙に盛り上がっているのがお分かり頂けますか?この部分が、瓦屋さんが最も苦労して作り込んでくれたところなんです。お寺の大棟は、住宅と違って長いので、こういった曲線を持たせると風格が出て来ます。長松院さんのように歴史のあるお寺さんでは、こういったこだわりを持った施工が重要になって来るんです。

お正月休み明けからキッチンや浴室の水廻り工事に着手しますので、ここからはアクアスが得意とする分野になって来ます。五代目源右エ門さんや魚津社寺工務店さんが、ここまでシッカリした工事をして下さいましたので、アクアスもそれ以上の出来栄えを目指し、檀家さんや住職さんに納得して頂ける工事にしていきたいと思います。

来年も、遣り甲斐のある仕事に恵まれた年になりそうです。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。